ミツワ化学公式ホームページ | 神奈川県平塚市の自動車産業用・医療用プラスチック製品 (金型製作・成形・二次加工・組立等)メーカー

お問い合わせ

English

パンフレットダウンロード

印刷

会社概要

ご挨拶

株式会社ミツワ化学
代表取締役社長 神保 全

取引先様のよりグローバルで多様なニーズにも対応する
体制を整えてまいります

株式会社ミツワ化学は、1962年12月神奈川県平塚市にプラスチックの一貫生産メーカーとして創立して以来、「顧客満足度の追求」、「品質向上の改善」、「新技術への挑戦」を常に念頭に産業・社会に貢献するため、日本の高度成長と共に歩んでまいりました。
当社の歴史は、弱電部品・自動車部品の熱可塑性プラスチック成形から始まり、プラスチックの多様化・高度化に併せ、精密金型製作から二次加工 (塗装・印刷・レーザーマーカー・組立等)まで一貫して開発・生産可能なメーカーとして発展してまいりました。
また、日本の自動車産業・製造業のグローバル化に伴い、1994年7月フィリピンマニラ郊外に一貫生産工場を現地法人として設立し、今日では本社工場と並ぶ重要な生産拠点となっております。また、2007年4月にはタイバンコク郊外に第3の生産拠点を設け、取引先様のよりグローバルで多様なニーズにも対応する体制も整えてまいりました。
さらに、医療産業の成熟化、一般化に合わせ、クリア成形、クリーンルーム成形、熱硬化性プラスチック等にも力を入れて取り組んでおります。 完成品の高水準な品質を達成するために当社がこれまで培ってきた経験と技術は、厳格な品質基準が求められる医療産業においても、様々なソリューション提案ができるものと自負しております。
今後も、取引先様とより一層多くの信頼を築けるように努めてまいりますので、 より一層のご支援・ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

会社概要

商号株式会社ミツワ化学
英文商号Mitsuwa Chemical Co.,Ltd. (MCCL)
設立・創業1962年12月27日
代表者神保 全
資本金18百万円
所在地〒254-0026 神奈川県平塚市中堂18-8
TEL:0463-22-5286 FAX:0463-23-2155
E-MAIL: mccl-info@mitsuwa-chemical.com
工場面積敷地:2,208.12m²、建築:1,302.67m²、延床:4,416.00m²
決算期3月
品質規格JIS Q 9001:2008/ISO9001:2008 TECO-QR-00164
従業員30名 (パート・派遣含む) (2017年7月1日現在)
取引銀行みずほ銀行 平塚支店
商工中金 横浜支店
横浜銀行 平塚支店
業務内容 プラスチック用の金型設計・製作
プラスチックの成形
プラスチックの二次加工 (塗装、印刷、レーザーマーキング)
プラスチックの組立・検査

企業理念

事業の継続全社員の幸せを追求し、
プラスチックの一貫生産メーカーとして
顧客・産業・社会の発展に貢献する

社訓

  • 事業は人なり

    結局すべての結果は
    人次第である。

  • 常に一歩前進

    あきらめなければ、負けはない。
    なにがなんでも成し遂げる
    意思が成長を生む。

  • 変革への挑戦

    現状維持は衰退の始まりである。
    攻撃こそ最大の防御なり。

社名・社章の由来

「人と人」「人と企業」「人と社会」の三つの信頼の輪

当社名「ミツワ」の由来は、戦前平塚において政府高官・外国人などを相手に「ミツワ・タクシー」としてタクシー業を営んでいた創業者の父に発します。
企業は「人と人」「人と企業」「人と社会」の三つの信頼の輪が成り立って初めて成長するとの信念から名づけたといいます。
創業者は、その信念を受継ぎ、プラスチックの一貫生産メーカーとして株式会社ミツワ化学を興しました。以来、当社は現在に至るまで常にその三つの信頼の輪を大切にしています。

沿革

1962年
神奈川県平塚市千石河岸に株式会社ミツワ化学設立 資本金1百万円 本社工場新設
1965年
資本金4百万円に増資
1972年
本社工場第1期増設
1974年
資本金12百万円に増資
1975年
本社工場第2期増設
1979年
神奈川県平塚市中堂に馬入工場新設 (493.92m²)
1981年
資本金18百万円に増資
1983年
配送センター新設
1988年
田村工場新設
1990年
馬入工場第1期増設 (1,141.83m²)
1992年
天沼センター新設
Clarion Mitsuwa Philippines, Inc. (CMP)をクラリオン株式会社と合弁で設立
1994年
フィリピン カビテエコノミックゾーンにMitsuwa Philippines, Inc. (MPI)設立
資本金25百万ペソ
1995年
MPI工場新設 (1,900m²)
1996年
MPI工場第1期増設 (2,800m²)
1997年
馬入工場第3期増設 (4,416m²)
千石河岸の本社工場を中堂の馬入工場へ移転
1998年
CMPをクラリオン株式会社へ譲渡
1999年
MPI工場第2期増設 (3,440m²)
2000年
MPI工場第3期増設 (4,340m²)
天沼センター、田村工場、配送センターを中堂の本社工場へ統合
2003年
MPI工場第4期増設 (5,440m²)
本社工場 ISO9001:2000取得
MPI工場 ISO9001:2000取得
2004年
本社工場 ISO14001:1996取得
2005年
MPI工場第5期増設 (8,694m²)
2007年
タイ アマタナコンにMitsuwa Chemical (Thailand) Co.,Ltd. (MCT)設立 資本金51百万バーツ
2008年
MCT工場新設 (4,226m²)
2009年
MPI 資本金30百万ペソに増資
MPI工場 ISO14001:2004取得
MCT工場 ISO9001:2008取得、ISO14001:2004取得
2010年
MPI工場 ISO/TS16949:2009取得
MCT工場 ISO/TS16949:2009取得
2012年
創立50周年
2013年
MCT 資本金102百万バーツに増資
2014年
Mitsuwa Chemical Philippines, Inc. (MPI)に商号変更
MPI工場第6期増設 (9,416m²)
2015年
MCT 資本金103百万バーツに増資
2016年
Xudong Philippines Inc. (XDPI)に一部資本参加
MPI工場内にてXDPI(金型事業)操業開始

生産拠点

  • Thailand

    Amata Nakorn Industrial Estate,
    700/886 Moo 3 Tambol Nongkakha, Amphur Phanthong, Chonburi 20160, Thailand

    TEL:+66(0)38-185195
    FAX:+66(0)38-185196

  • Thailand

    〒254-0026 神奈川県平塚市中堂18-8

    TEL:0463-22-5286  FAX:0463-23-2155

  • Thailand

    Lot 4, 6 & 8, Block 22, Phase Ⅳ, Cavite Economic Zone, PEZA, Rosario, Cavite, Philippines 4106

    TEL:+63(0)46-437-2216
    FAX:+63(0)46-437-2220

Philippines

英文商号Mitsuwa Chemical Philippines, Inc. (MPI)
設立設立:1994年7月27日 創業:1995年4月1日
代表者神保 全
資本金30百万ペソ
所在地Lot 4, 6 & 8, Block 22, Phase Ⅳ, Cavite Economic Zone,
PEZA, Rosario, Cavite, Philippines 4106
TEL: +63(0)46-437-2216 FAX: +63(0)46-437-2220
E-MAIL: mpi-info@mitsuwa-chemical.com
工業面積敷地:15,045.50m²、建築 :8,656.95m²、延床:9,466.95m²
決算期3月
品質規格ISO/TS16949 CERTIFICATE PH10/0449
環境規格ISO14001 CERTIFICATE PH15/1243
従業員350名 (派遣含む) (2017年7月1日現在)
取引銀行Mizuho Bank Manila Branch
BDO Cavite EPZA Branch
業務内容 プラスチック用の金型設計・製作
プラスチックの成形
プラスチックの二次加工 (塗装、印刷、レーザーマーキング)
プラスチックの組立・検査

Thailand

英文商号Mitsuwa Chemical (Thailand) Co.,Ltd. (MCT)
設立設立:2007年4月2日 創業:2009年2月2日
代表者神保 全
資本金103百万バーツ
所在地Amata Nakorn Industrial Estate,
700/886 Moo 3 Tambol Nongkakha,
Amphur Phanthong, Chonburi 20160, Thailand
TEL: +66(0)38-185195 FAX: +66(0)38-185196
E-MAIL: mct-info@mitsuwa-chemical.com
工場面積敷地:16,996m²、建築:3,251.60m²、延床:4,226.20m²
決算期3月
品質規格ISO/TS16949 CERTIFICATE BGK6008683/A
環境規格ISO14001 CERTIFICATE BGK6007147
従業員160名 (派遣含む) (2017年7月1日現在)
取引銀行Mizuho Bank Bangkok Branch
Bangkok Bank Amata Nakorn Industrial Estate Branch
業務内容 プラスチック用の金型設計・製作
プラスチックの成形
プラスチックの二次加工 (塗装、印刷、レーザーマーキング)
プラスチックの組立・検査

関連会社



主要取引先

アルパイン株式会社

クラリオン株式会社

株式会社JVCケンウッド

株式会社東海理化

Valeo Co., Ltd.

パナソニック株式会社
 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社

富士通テン株式会社

株式会社ユーシン

株式会社デンソー

栄研化学株式会社

フィルタレン株式会社

ミツミ電機株式会社

ツカサ電工株式会社

※順不同

組織図

品質への取り組み

業界No.1の品質を目指し、日々の改善活動に努めます

顧客満足度の追求
Q.C.Dは基より顧客の要求内容を理解し、満足度の向上に努める。
品質向上の改善
品質システムの運用に基づく品質意識の定着 (教育)及び、実務・実践における改善活動に努める。
新技術への挑戦
要素技術の検証を含めた顧客 (市場)の要求・技術への挑戦。

登録証 (日本)

登録証 (フィリピン)

登録証 (タイ)

環境への取り組み

環境保全の配慮を全従業員に周知徹底し、
省資源工程の積極的導入に努めます

当社はその事業活動 (プラスチック成形部品の製造)において、環境影響を評価するとともに環境や安全に十分な配慮をし、常に環境汚染防止に取組んでいきます。

法規制の遵守を致します
環境に対する法律、条例等を確実に守ります。
目標管理による廃棄物の削減を致します
製造活動においては、廃棄物の発生に対し適正管理等の社内ルールを確立し廃棄物の減量化を図ります。
環境教育による意識向上を図ります
環境方針を全従業員に周知し、教育による知識向上・啓蒙を図ります。
環境情報の提供を行います
必要に応じ、最新の情報や活動を迅速に提供し地域とのコミュニケーションに努めます。
環境方針は社外に公表致します
環境方針は当社のホームページにより社外に公表致します。

登録証 (フィリピン)

登録証 (タイ)

PAGE TOP

スマートフォンサイトへ